コンプレッサー 真空ポンプ 小型コンプレッサー エアーポンプ 技術移転 製造販売の中央技研工業(岐阜県)
株式会社 中央技研工業
CHUOGIKEN KOGYO CO、.LTD 商品一覧 お買物方法 カートを見る
 
トップ > 商品一覧 カテゴリー選択: 
検索:  
 | おすすめ順 | 価格の安い順 | 価格の高い順 |

業界初 自己加圧システムが働く新構造「CGK1Sシリーズ」新登場

圧力で駆動する方式から真空で駆動する方式に発想転換!

  • 排気騒音が大きい

  • 大気からの加圧は時間が長い

  • 従来の電力量

  • 排気騒音が無い
  • 圧力空気からの加圧は時間が短い
  • 省電力になる

 
   工場設備・機械工具・機械装置などの放出していた空気を回収して循環させる

   新しい発想で、省電力が生まれます。ドライエアーの循環ができる!

   循環機構になれば、エアーとは限らない。窒素の循環も可能です。

   現状の使用後のエアー源が回収できる機械・工具・装置は、回収循環利用

   することで充填速度が速く、用途に応じては、50%の省電力が 可能です。

   圧力のかかったエアー源の反対側を真空することで能力を発揮させる発想です。

   エアー源の能力を充分に発揮するには、使用後が速やかに回収されないと

   エアー源能力が発揮できません。又、エアーを循環させるには回収した空気を

   漏れないで圧力を上げてタンクに充填する必要があります。

   この時、真空と加圧が同時に行われ、漏れないポンプが必要です。

   当社は、この真空・加圧同時運転ポンプの開発に成功しております。

   「例」回収エアー回路は、0.6MPaで使用していた場合真空状態にするまで

   0.6MPaから0.02MPaまでエアー回収いたします。平均をとれば1/2の圧力が

   ポンプの吸気圧力になり、0.6MPaまで増圧してタンクに充填します。

   即ち、大気から0.6MPaで充填する電力に対して、回収エアーを循環させた

   方が充填時間も速いので、50%以上の省電力になります。


小型ですが、実証した実験データです。
 

 
 
  • シリンダー:32Φx2
  • 圧縮工程4mmx2
  • ポンプ方式:高気密ピストン式構造
  • 排気量:4L/min
  • 最高圧力:0.8MPa
  • 制御圧力:0.6MPa
  • 到達真空度:-93kPa (60mmHg)
  • モーター:DC24V-25W ブラシレスモーター
  • 吸気・排気接続口:PT1/8
  • 寸法:140W x 115L x 140H
  • 重量:1.8Kg
  • 騒音:60dB
 
「特徴」
  • 油成分・油臭・混入がありません。
  • 気密構造-ガス漏れがありません。
  • 吸引・加圧同時使用が可能です。
  • 圧力上昇に伴う吐出量の減少はありません。
  • カス回収・ガス循環が可能
  • ブースターコンプレッサー兼用
  • 高圧になると効率が悪くなり充填時間が長くかかり時間待ちが起きる又は、電力量が多くかかるいと言う問題が解決されます。

 


DC24V-25W 1500rpmの測定表




圧力空気循環省電力の利用
 


 0.6MPaの圧力を循環させる機構に利用

 作業後の0.6MPaの圧力空気を吸気圧力として

 利用! 10kPa(75mmHg)の真空まで、真空・

 増圧コンプレッサーとして循環

「 0.6MPaの循環により省電力」