コンプレッサー 真空ポンプ 小型コンプレッサー エアーポンプ 技術移転 製造販売の中央技研工業(岐阜県)
株式会社 中央技研工業
CHUOGIKEN KOGYO CO、.LTD 商品一覧 お買物方法 カートを見る
 

気密性の良いコンプレッサー


新しい省電力対策

UHT

マイクロスピンドル MSA-3

最高回転数
75,000rpm
消費空気量
140NL/min
使用空気圧
0.5MPa-0.7MPa
コレット径
3.00mm
バルブ
なし
全長
127mm
重量(本体)
142g
排気方向
側方排気マフラー付
フランジ
M4 2点支持

 

実験「従来の利用方法」

グラインダー駆動実験

 吸気チューブ:外径6Φ 内径3Φ

 排気チューブ:10Φ 大気開放

 0.5MPaの吸気で、

  排気測定流量:136L/min

  吸気測定流量:153L/min

 グラインダー回転数:32,600rpm

  実験結果

 排気チューブによる排気抵抗が

 0.056MPa以上になるので、

 吸気流量が制限され、153L/min

  となり、流量に伴った回転数に

 なる。

 

実験「従来の利用方法」

グラインダー駆動実験

 吸気チューブ:外径6Φ 内径3Φ

 排気チューブ:10Φ 大気開放

 0.5MPaの吸気で、

  排気測定流量:164L/min

  吸気測定流量:208L/min

 グラインダー回転数:39,300rpm

 循環コンプレッサー

 排除能力:141L/min

  電動機出力1.16KW 

 実験結果 

 ブースターコンプレッサー能力で、

 排気側圧力が0.056MPa位になるので、

 排気抵抗が少なくなり、排気量が増え

 て吸気流量増加、流量に伴った回転数

 になります。

 

能力成果

  • 超高速スピンドルの接続配管による流量抵抗を排気側真空まで小さくできる

   から超高速スピンドルの能力UPが図れる。「工作機械・歯科」

  • 従来よりも圧力を0.1MPa下げて使用が可能になります「技工士・彫金・研磨」

 

  • 省電力の解説   「省電力効果 約20%」+0.1MPaDUN効果

従来の利用方法

圧力空気0.5MPaの利用の場合

通常のコンプレッサー設備では、0.7MPa(ON)

0.9MPa(OFF)でタンクに充填しています。

0.5MPaで208L/min使用しているグラインダー

は、0.7MPa~0.9MPaで208L/min充填するコンプ

レッサーが必要になります。

その時の平均電動機出力は1.95KWになります。

1日6時間稼働で1年使用した場合

1.95x0.8×6x30x12=3369.6KW/h

3369.6×18円=¥60,653-

 

循環の利用方法

圧力空気0.5MPaの利用の場合

グラインダーの使用圧力でコンプレッサーが

加圧循環しますので0.5MPaの圧力で164L/miの

循環駆動になります。

0.5MPaで208L/min使用しているグラインダー

は、既存コンプレッサーの0.7MPa~0.9MPaから

44L/minを補充されます。

その時の平均電動機出力は

循環用電動機出力1.16KW

補充用電動機出力0.4KW

合計電動機出力は1.56KWになります。

1日6時間稼働で1年使用した場合

1.56x0.8×6x30x12=2695.7KW/h

2695.7×18円=¥48,523-